世界柔道 -90kg の大舞台

(右:向翔一郎選手)

連日の激闘に沸く世界柔道

本日は男子90キロ級と女子70キロ級の2階級が行われ、V3の期待がかかった新井千鶴選手は惜しくも3回戦敗退。

仮面ライダーに憧れる新星 向翔一郎選手は金メダルは逃すものの、初めての大舞台で殊勲の銀メダルを獲得。

今日の涙は必ず2020年に繋がるはず。

男子90キロ級は超激戦区

前回オリンピックのリオで金メダルを獲得したベイカー茉秋、広島県出身でグランドスラム常連の西山大希など、代表に選出されるだけでも至難の階級。

その90キロ級に突如現れた新星であり、キックボクシングのトレーニングや他国選手への紳士的対応など話題性も十分な柔道家。

TOKYO2020への道

五輪までの残り大会は12月のマスターズ、来年2月のグランドスラムパリ、グランドスラムデュッセルドルフ。

現時点で銀メダルの向選手が他選手より一歩リードしていることは確かだが、大事なのは今後の大会で結果を出し続けること。

頑張る君がHEROだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加